手

毎日のケアで悩みを解消

陰部の黒ずみは、メラニンや乾燥が原因である場合が多く、美白や潤い効果があるケア商品で手入れをすることが大切です。イビサクリームは、使い続けることで黒ずみが薄くなると口コミが多くあり、コンプレックスに悩む女性の救世主となっています。

詳しく見る

女性

身近なケア用品の活用

女性の加齢臭はホルモン減少が原因の一つとして挙げられるため、30代半ばには対策を意識しましょう。生活習慣の見直しとともにケア用品の活用がポイントです。シャンプーや石鹸タイプといった身近な品が簡単に入手で、携帯用のコンパクトサイズも安心です。

詳しく見る

ウーマン

機能性を基準にする

初めてナイトブラを購入する人は、ランキングで上位のものを選んでしまいがちです。しかし、ランキングだけを鵜呑みにするのではなく、機能性や着け心地などを基準にして、自分に合ったナイトブラを選ぶことが大切です。

詳しく見る

ブラジャー

贅肉を胸として定着させる

ナイトブラには、胸がサイドに流れないようにサポートしたり、寝返りによってクーパー靭帯が破損するのを防ぐ効果があります。そのため、脇や背中の贅肉を胸として定着させたり、胸の下垂を防ぐなどの目的で着用することができます。

詳しく見る

下半身

女性に必要なセルフケア

尿漏れや骨盤のゆがみは、腰回りの筋肉が衰え、膣を引き締める力が弱っていることが原因で起こると言われています。このような悩みを解消するために、膣引き締め効果が期待できるエクササイズや膣圧グッズを用いて、膣や腰周りの力を鍛えることが大切です。

詳しく見る

まずは痛みを抑えよう

困る女性

悪影響の根本を解決する

生理痛は女性特有の症状です。原因がホルモンバランスの乱れによることもあり、生理痛から肌荒れなどの別の症状を引き起こすこともあります。深刻化した時は痛みだけでなく、精神状態も不安定になり、日常生活に支障をきたす場合も珍しくありません。これがコンプレックスとなり、仕事に集中できなくなったり、プライベートでの人間関係を楽しむことができなくなったりもします。生理痛はよく効く薬も市販されていますので、自分のタイプに合わせたものを処方して、早急に治療したいところです。まず、とにかく痛みを何とかしたいと思う場合は鎮痛剤がおすすめです。倦怠感を解消するまでの効果は期待できませんが、痛みというのはあらゆることに対する集中力を奪ってしまうので、応急処置として常備しておくことに損はないでしょう。鎮痛成分は複数あり、人によっては効果に個人差があります。この点を解消するために複数の成分をひとつの錠剤に含有した痛み止めがあります。低い確率で副作用を引き起こす可能性もありますが、服用してみて問題がなかった場合は、この手の市販薬がおすすめです。ロキソニンは生理痛の症状に直接効く薬ではありませんが、鎮痛効果は高く、他の痛みを感じる病気などにも処方されます。生理痛に敏感な人は、腹部を殴られるような痛みを感じる場合があります。そうなっては、もはや何もできません。薬剤師の説明が必要な程度の強い薬ですが、即効性をもって症状を抑えることができるのでおすすめです。市販薬の効果が薄いときは速やかに医師に相談しましょう。様々な症例を知っている医師の説明を聞けば、必要以上のコンプレックスを抱く必要はないことも分かるのでおすすめです。

Copyright© 2018 生理痛には薬を飲むべし|おすすめのアイテム一覧表 All Rights Reserved.